つかってはいけない理由

  • ブラックボックス化する
  • スパゲティコードが爆誕する
  • セキュリティインシデントを抱えることがある
  • そもそも静的サイト作成”支援”ツールである
  • VScodeやSublimeやKomodoのほうが有能
  • モジュールやメソッドの管理能力不足
  • そもそもデザイナー向け製品
  • HTMLすら読み書きする気がないならやめろ

など複数の理由があります。

とりあえず上に書いたやつを一個ずつ言っていきましょう。


ブラックボックス化

自分で書かないコード、 特にツールが自動生成したコードに関して。 勘違いするかもなので補足すると補完機能などはバンバン使うべき。

ただドラッグ&ドロップしただけで生成されたり、
ツールボックスからぽぽぽんぽんって生成できたり、
そういう完全に自分の目が届かないところでできてしまうもの。
CSSなんかもそうだけどがっつり描画周りに影響与えるもの。
そういうのは本当にあかん。
管理できん。

だいったい自分の記憶にないコードなんて管理できないし、
なぜそうなったかが理解できないとコメントすらかけない。
なおかつ非常に見づらい、”思いやりのないコード”が生まれる。


スパゲティコード

上記同様です。


セキュリティインシデント

DreamWeaver上で作成したWEBサイトにセキュリティホールが見つかった、
といったことは友人知人からもよく聞くのですが、
実際なぜ起こるかってうのもだいたい上記理由もあるんですけど。

そもそもこの手の製品を利用する人って
1.そもそもコードが読めない
2.そもそもコードが書けない
3.そもそも知識がない
4.そもそも技術がない

といったことが多々ありましてですね。
もちろん修正できる能力があるなら話は別なんですけども。
これらに該当する人ってなにがセキュリティホールなのかすらわかってない。
OSコマンドインジェクションとか、SQLインジェクションとか、
そういった単語すら知らないまま生きてたりする。


管理能力不足

そもそもDreamWeaverにはメソッドやモジュールの管理能力がない。
そのように作られてないし、そもそもそういう製品ではない。

  • vue.jsも理解できない
  • PHPも書けない
  • HTMLとCSSだけかろうじて”読む”ことができる

そんな人向けのツールなのだから。
それ以上でもないし、それ以下でもない。

どう考えても上記でも言ったように
VScodeやSublimeやKomodoを使うべきである。
そちらのほうが拡張機能などを使って快適に過ごせる。


HTMLすら読めないなら帰れ

あんな初歩的な言語、なかには言語ではないという人すらいる。
タグで囲うだけで生成できる静的言語なのだから。
どう考えても敷居は低いし猿でも書ける。

それすら拒否をするなら”エンジニアに向いてない。
いますぐUターンして田舎に帰れ。
君には無理だ、時間の無駄である。
ただでさえ今のWEB業界なんて動的言語のオンパレードだ。
Angularしかり、GoしかりRubyしかり。

そもそも移り変わりが激しくて、
君がお気に入りのパッケージを見つけてもそれはもうサポート外かもしれない。
利用していたモジュールやメソッドがメンテされてないかもしれない。
言語のヴァージョンが代わり通用しないかもしれない。
そういう世界に飛び込むということはそれなりに覚悟が必要になってくる。

ひたすらに勉強して、ひたすらに学習して、ひたすらに習得する。
それがIT業界で生き残る術だと思う。
ITでは9割のセンスと1割の学習努力だと思っている。
そこを理解して、覚悟を決めて、意思を固めるべきだ。

センスがないなら努力してカースト下位にしがみつくことだ。
カースト上位にはキレッキレのセンスをもった集団しかいない。
センスがないならそこには確実に入れない。
経験も思考回路も能力も桁違いだ。

君はどうすべき?
ひたすらに勉強して、ひたすらに学習して、ひたすらに習得すべき。
それを怠るならWEBエンジニアどころかエンジニアを語るな。
舐め腐ってる。

F*ck You

Categories: mentoring

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *